メインコンテンツへ移動
:::

2024年 台湾ランタンフェスティバルin台南

2024年 台湾ランタンフェスティバルin台南
龍耀台南
安平ランタンエリア 
 2.3 土曜日 — 3.10 日曜日

安平レクリエーション桟橋、林黙娘公園、原1661園区、安平運河沿岸(安億橋から望月橋まで)。
(旧暦の大晦日2/9(金)は開催されません)

開催日時:

  • 月~木(祝日を除く):14:00~22:00(点灯17:00~22:00)
  • 金~日:10:00~22:00(点灯17:00~22:00)
  • 祝日:10:00~22:00(点灯17:00~22:00)(旧暦大晦日2/8(木)、旧暦元旦2/10(土)~旧暦1月5日の2/14(水)、2/28(水)を含む)
台湾高速鉄道ランタンエリア 
 2.24 土曜日 — 3.10 日曜日

大台南エキシビションセンター及び周辺エリア、沙崙グリーンエネルギー技術デモンストレーションエリア。

開催日時:

  • 月~木(祝日を除く):14:00~22:00(点灯17:00~22:00)
  • 金~日:10:00~22:00(点灯17:00~22:00)
  • 祝日:10:00~22:00(点灯17:00~22:00)(2/28(水)を含む)

2024台湾ランタンフェスティバルは第35回を迎え、16年ぶりに台南に帰ってきます。さらに今回は、台南400年の歴史の中で初めて迎える国際クラスの観光ランタンフェスティバルとなります。干支の辰年に合わせて、「龍が台南を照らす」をテーマに、「安平ランタンエリア」と「台湾高速鉄道ランタンエリア」の2大ランタンエリアで開催されます。伝統的なランタンアートと現代のテクノロジーの融合、多元的なアートの展示やパフォーマンスを通じて、台南の文化都市としての豊かな実力を示します。

「安平ランタンエリア」は2024年2月3日に先駆けてオープンとなります。「台南400」と「輝く思い出の川」という2大キュレーションテーマを掲げ、計30点の素晴らしい作品と何百もの素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられます。開幕初日、明華園総団の永遠の代表作:不朽の海神伝説「媽祖」が上演されるほか、休日にはドローンや花火、光のショーの見事な夜空のスペクタクルを組み合わせたパフォーマンスも繰り広げられます。

「台湾高速鉄道ランタンエリア」では、「メイン展示エリア」、「都市の光」、「グリーンエネルギーランタンエリア」に分かれて、300点近い光と影の照明作品を展示します。高さ22メートルのメインランタン「龍が台湾にやってくる」がここに設置されます。ショーの企画では、地元の文化的要素に台湾の特色あるイメージを融合させることに重点が置かれており、台湾国内外の70組以上の優れたパフォーマンスグループが出演し、100回以上の素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられます。

台南の「神々の都」という美名をアピールすべく、市内に「埕南ランタンエリア」が特別に設置されます。多くの地元機関や廟の参加により、「光の巡礼の道」が3本計画されています。ランタンフェスティバルでは、台南ですでに開催されている非常に特色ある月津港ランタンフェスティバルと龍崎ライトフェスティバルも共にアピールします。

400年の時と光の長河が2024年、台湾の起源である台南に集います。光の饗宴、光と影の芸術の温かいおもてなしをお楽しみください!我が台南!我が栄誉!

さらに詳細な内容を見る

オフィシャルサイト

トップ