メインコンテンツへ飛ぶ
メインメニュー

丑年ミニランタン

この小さなランタンは、さまざまな組み立て方法により、かわいい小乳牛や、面白いホーンハットに変わりますよ!また、これは台湾のランタン史上初のARデジタルランタンで、袋に印刷されたQRコードをスキャンすることで、ランタンフェスティバルの公式サイトにアクセスすることができ、フェイスブックやインスタグラムと連動することができますよ!

1. 厚紙の各部の折り線をしっかり折り曲げ、完成図を参考に、番号順に組み立てます。同じ番号のフック同士を平らになるように嵌め込みます。

2.本体と頭(No.1〜15)を組み立て、口の草が内側から外側に出るように平らに整理し、頭と本体(No.16)をつなぎます。

3. LEDランプからガスケットを取り外し、ランプが内側から外側へ向かうように裏面の角穴に嵌め込みます。

4. 4つの足(No. 17〜24)を組み立て、本体の両側を番号(No. 25〜28)順に締め付けます。

5.ハンドルを組み立て、2本の角(No. 29、30)を取り付けた後、2本のストラップでハンドルの両端を頭とお尻の2つの小穴(No. 31〜34)とつなげます。(同時に、No. 31の紙バックルは、2つの角の上の小穴に押し込む必要があります)

6.カササギの下にある丸穴を牛の背中の小穴に差し込み、LEDライトのスイッチをオンにして点灯させます。

AR

ホーンハットの組立についての説明:

1.本体(No.1〜8)を組み立て、ランプを内側から外側へ向かうように裏面の角穴に固定し、ランプを上下に回し、カウベル、乳房と紙バックルで2本のホーン(A〜D)を固定し、カササギを上部の小穴に嵌め込みます。

2.2本のストラップで底の両端を固定し、もう一端をかみ合わせた後、頭に装着できます(端末穴の位置を移動することでサイズが調整できます)。

※LED電池部分の背中にあるねじを緩めると、電池を交換することができます。

  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
最終更新日: 2021/03/02
:::

著作権 © 交通部観光局当サイトの著作権は交通部観光局に帰属します。 記事・画像等の無断転用はできません。

AA  Webアクセシビリティ検出通過 サイト訪問者数:6,793
Top
附近のランタンエリアを探索
伝統芸術ランタンエリア

伝統芸術ランタンエリア

開催期間:3/28(日) - 5/30(日)
開催会場:金門瓊林保護廟
直線距離:キロ
動物スターライト・ランタンエリア

動物スターライト・ランタンエリア

開催期間:3/28(日) - 5/30(日)
開催会場:金門蘭湖
直線距離:キロ
This site cannot be used in a frame or with JavaScript disabled.